スタッフがナマの声で、サイト運営の裏話、おススメ商品などブログ開設奮闘記とあわせてお届けします。
コウノ
「ブックオフオンライン倉庫探検隊」をやってわかったこと
みなさん、こんにちは。ブックオフオンラインのコウノです。

最終回から1ヶ月も経ったのですが、半年ちょっとやってみた「ブックオフオンライン倉庫探検隊」の総括を少しまとめてみます。

ちょっと長い上にマーケティングっぽい話になるので、つまんなかったらすみません。

「ブックオフオンライン倉庫探検隊」とは

ぼくが倉庫の中を紹介するネット動画です。だいたい5分から10分程度の動画を撮影して、毎週YouTubeとニコニコ動画にアップしていました。

最初の動画(予告編)をアップしたのが3/21で、最終回が11/6です。

(予告編の動画です)

なんのためにやったのか

ブックオフオンラインの倉庫には100万冊の商品があります。でも100万冊ってのは言われてもイメージできる冊数ではありませんよね。商品を置いてるスペースはだいたいサッカーコート2面分くらいの広さなのですが、その大きさを紹介したり、商品をひとつひとつランダムに取り上げて、それらが売れるきっかけ作りができないかと考えました。

さらに背景としていろんな商品が写り込めばいいなあという目論見もありました。ちょっと脱線しますが、ブックオフオンラインの倉庫では「フリーロケーション」という管理方法を採用しています。これは街の書店や図書館のようにジャンルごとや作家を五十音順で決まった場所に配置する管理方法(こういうのを「固定ロケーション」といいます)とちがって、棚の空いてるスペースにどんどん商品を入れていく管理方法です。だからマンガのとなりにビジネス書や小説があったりします。

だからいろんな商品が間接的に紹介できて、「あ、こんなのもあるんだ」と思った方が買ってくださればいいなということも考えてました。

(このあたりは残念ながらうまく実現できなかったのですが)

もちろんブックオフオンラインそのものを知っていただくということも大事な目的でした。まだまだブックオフオンラインのことを知らない方がたくさんいらっしゃるので、YouTubeなどをきっかけに「ブックオフオンラインってのは商品がいっぱいあるお店だな」と来店していただけないかと思ってました。

もうひとつは何も告知せずにどれだけの反響が得られるかの実験でした。メルマガやブックオフオンラインのサイトからリンクして紹介すれば多くの人に見ていただけるのは、このスタッフブログの運営を通じてわかってたのですが、企業がYouTubeだけで本当にマーケティングできるのかということの検証も兼ねてました。

(ま、できなかったんですけどね)

どんなふうにやったのか

毎月1回、10本くらいをまとめ撮りしてました。スタッフはぼく以外にはカメラマンひとりだけです。こういうのは安ければいいってものでもないのですが、同時にお金をかけすぎればいいというものでもないので、できるだけ節約しました。

撮影した10本のうち、おもしろそうなものを(つまり半分はお蔵入り)選んでアップしてました。できるだけ偏りすぎないようにマンガの回や写真集の回など毎回ちがうジャンルの商品を紹介するようにしてました。

やってみた感想など

結論から言うと、思ってたほどの効果はありませんでした。

思うように視聴回数が増えなかったので途中でブログを作りましたが、これもたいした効果がなかったですね。 その中でもいちばん見ていただけたのは予告編(1759回)でした。これはまあいちばん古い動画なので当然なのですが、2番目に多かったのが24回目に公開した動画です(1568回)。

(ややお下品なので再生にはご注意ください)

けっきょくはよっぽどのバカかエロをやらない限り、自然発生的に人が集まってくることはないのでしょう。

実際に海外でYouTubeを利用して無名企業が人気になったという事例も「Will It Blend?(ブレンドできるかな?)」のように自社製のミキサーで野球のボールやビデオカメラを混ぜちゃうようなぶっ飛んだ動画ですしね。

そういうことがわかっただけでもやった価値はありました。

統計データとまとめ

せっかくなのでいくつか数字を紹介しますね。YouTubeではインサイトという統計情報が見れるのでそこの数字です。

まず再生回数です。いちおう緩やかですけど増えています。所々にあるぽこっと出てる山はエロですね(苦笑

e5868de7949fe59b9ee695b0

これが動画ごとの再生ランキングです。エロ強し。

e5868de7949fe383a9e383b3e382ade383b3e382b0

視聴者のデータです。男性が8割以上というのもさもありなんという感じですね。年齢層は20~30代よりも40歳前後のほうが多そうです。これはちょっと意外でした。

e8a696e881b4e88085

最後が動画への到達方法の統計です。いまいち見方がわからないのですが「Mobile devices」というのがダントツです。モバイルで見られてるということなのでしょうか?(ここはちょっとわからないです)

e799bae8a68b

今回のYouTubeの活用にしろ、最近ではぼくらはTwitterも始めてみましたが、何のためにやるのかということをきちんと定めておかないとダメですね。

そういう意味ではYouTubeで掲げていた目的(認知度向上や販売促進)はまったく達成できませんでした。とても残念ですが、そこをはっきり決めていたので撤退(終了)の決断は迷わなかったです。
Twitterのほうは最初から顧客へのサポートを目的にしているので今のところうまく活用できていると思っています。

もちろんやって良かったこともあります。それは倉庫で働いているスタッフにスポットライトをあてられたことです。ブックオフオンラインでは総勢300名のスタッフが働いていますが、その大半は本の買取や出荷を担当している倉庫スタッフです。

彼らが「倉庫探検隊」の動画を見てくれてるというのは聞いていたので、最終回では数名のスタッフに実際に出演してもらいました。

こんなふうにブックオフオンラインで働くスタッフひとりひとりを紹介できたというのは、ブックオフオンラインをひとつの家族のようにしていきたいぼくとしてもうれしいことでした。

(最終回の動画です)

ブックオフオンラインでは今後もさまざまなチャレンジをしていきますし、倉庫見学会なども開催していきたいと考えています。

楽しみにしていてくださいね。みなさんからのご意見ご要望もお待ちしています!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理者の承認後、反映されます。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。